3種類の年賀状を作り分け!はがきデザインキットで自宅プリンターで印刷

自宅で3種類の年賀状をわけて印刷

我が家の年賀状は夫婦あわせても30枚ほどです。
結婚した当初は業者に頼んでいましたが毎年ギリギリの発注になってしまうので早割等のお得感もなく、
子どもが産まれてからは自宅のプリンターで印刷しています。

 

使用ソフトは郵便局のはがきデザインキット。
無料ソフトなのにそこそこ使えて便利です。
はがきデザインキット

 

親戚と両方の実家には子ども写真のみ、既婚で子どものいる友人には家族写真、
それ以外の独身の友人や会社の人にはイラストの年賀状を送っています。

 

家族写真も年々老け込んでいる自分たち夫婦はあまり写したくないのですが、
相手にとっては面識のない子どもの写真のみというのはやはり失礼な気がして毎年何とか無理やり家族写真を撮影しています。

 

少数枚数をこまめに作り分けできるのが自宅印刷のいいところですが、
印刷の質やデザインの素人くささは若干ショボさがいなめません。
私は印刷のずれが目立ちにくいのとインク代を節約するためにテンプレートもカラーではなく白地のものを選んでいます。

 

最近の年賀状印刷業者は発注枚数が少なくても十分安いので、
うちみたいにプリンターがあってもネット注文してしまったほうがいいかもしれません。
その分手間が省けますから。

 

 

管理人より

 

自宅でここまでの作業をするなんて頭が下がります。
かなり面倒ではないでしょうか。
まぁそれが楽しいという方も多いんですけどね。

 

私だったらネット印刷の挨拶状ドットコムを使って複数デザインを一気に発注します。
その場合、割引が効いてちょっとお得にいくつかの種類の年賀状が作れるんです。

 

友達用、親戚用、会社の人用などなど、
いくつかにわけて年賀状を準備する方も少なくないんですよね!

 

 年賀状印刷が安い、且つ宛名印刷まで無料の業者3選!TOPへ